不登校のお子さんはずるいのか

私は公立の小学校で保健室の先生を20数年していましたので、その間には、保健室登校のお子さんを預からせていただくこともありました。

基本的には、保健室では、授業中は自習や課題をして、休み時間は、自由時間です。

 

お子さんによれば、休み時間にお友だちが保健室に遊びに来ます。

その際、お友だちの口から出るのが

「ずるい」

という言葉です。

 

 

私が教員になりたての若い頃は、

「この子は、こんなに苦しんでいるのにずるいって何?」

と腹を立てていましたが。言っている子は、本心からそう言っているようです。

 

また真剣に

「どうやったら保健室登校できるのか」

と聞きにくる子もありました。

 

 

 

実際、一人保健室登校が出ると、

「私も」

って感じで増えることもあります。

不登校のお子さんは年々増えていますが、教室以外で勉強することを望んでいる子は、実際はもっと多いのでしょう。

 

また担任の先生も私に

「保健室が居心地良すぎて、教室に戻れないようになるから困る。」

という苦情?を訴えられたこともありました。

 

『教室が居心地が悪い』って先生もわかっているんですね。

 

 

 

不登校のお子さんは決してずるくありません。

自分の心を大切にできるお子さんなのです。

 

私はドラマ好きなのですがドラゴン桜で

「みんな同じ方法でやる必要はない。お前だけの方法が必ずあるから」 

と阿部寛さん演じる桜木先生が語っていました。

 

全くその通りだと思います。

自分に合った方法を自分で選ぶ。

 

人にとやかく言われる筋合いは無いのです。

 

 


その他関連記事