· 

HSCさんと服装

今日はHSCさんのその3「服装について」。

 

HSCさんでいえば

  • 生地の肌触りなど
  • 縫い目
  • タグ

などが気になり

 

  • いつも同じ服
  • 冬でも半袖半パン
  • ゆるゆるの服装

といったお子さんが、いらっしゃいます。

 

 

 

寒い日に半袖、半ズボンだと、日に何度も

「寒くないの?」

なんて声をかけられたり。

 

クラスメイトも、時には馬鹿にしたような声かけをしたりして、トラブルの原因になったりします。

(服ないの?など)

 

おうちの方からは

  • 色々な生地の服や、気にいるキャラクターのものを着せてもすぐに脱いでしまう
  • 泣いて嫌がる

などで、どうしたらいいかとご相談いただくことがあります。

 

 

ある親御さんの話では、ネグレクトの疑いまではいかなくても

  • 家庭に何か問題があるのか?
  • きちんと着せればいいのに

なんて陰口が聞こえてくることもあるそうです。

 

 

 

さて対応ですが、

制服がないなら“お子さん自身はこのまま”で特に問題はありません。

私自身も下着は綿でゆるゆる、ヨレヨレのものが一番好きです。

なので、びっくりするような下着を着ています。

新しいものはピリッとする感覚があるので苦手です。

 

夏でもズボン下をきていて、肌に触れるところに着ているものは、全てゆるゆるヨレヨレです。

 

 

ポイントは

「周りにどう理解してもらうのか」

で、下着であれば人には何も言われようがないのですが

外から見える服でしたら

どうしても善意の時もありますが、悪意でも色々言われることも多いです。

 

 

子どもさんが

「寒くないの?」

なんて言われてもスルーできるなら、

いつのまにか

「この子はそんな感じ」

  • と周りが理解していく
  • 多様性を認めていく

理想的な道筋での解決ですね。

 

 

少し不安があるなら

「こう聞かれたらこう答える」

といったような練習をしておくといいです。

 

ただお子さんが

  • スルーできない
  • いつまでも色々言われるなら

お子さんを含めて、その学校・集団には、多様性を認めることができる集団になるプロジェクトが必要です。

この多様性を認めることができるお子さんを育てることは、学校の使命でもあります。

 

 

少し話が大きくなりますが

私たちは、何を着ていようとなんの問題もないのです。

(公共の福祉に反しない限り)

 

それをワイワイいうのもおかしいし、

言われてもしょんぼりするのも違う。

 

一度、学校や集団と相談してみてください。

担任の先生が正しく伝えてくれれば、周りの反応がすぐに変わるケースもありますので。

 

 

 

次は、制服がある場合

まず状況を調べてください。

 

今は、制服を標準服と位置付け“行事の時だけ着る”という学校もあります。

これではないとダメと言った流れは、はっきりいって古い。

 

しかし今話題になっている

『ブラック校則』

を調べてみると、下着の色まで決めている学校があるようで、話し合いすら難しい学校もあります。

 

 

そしてここまでの情報をもとに、お子さんに問いかけてください。

 

 

私の経験した中では、ここまでくれば半ば諦め、

仕方なくではありますが、納得して制服を受け入れるお子さんがほとんどでした。

 

うちの息子でいえば、服を買う時は

「柔らかいやつ」

とオーダーする子どもでしたが、制服は中学入学と同時にすんなり着ました。

(ただ採寸の時、大きめで作ってくださいとお願いしました。)

 

ただ学校が終わって帰ってきたら、靴下まで全部、玄関をはいってすぐにところに脱いでいます。

そしてシャツとパンツ一丁になり、ほっと一息といった感じです。

 

高校生の今でもそうです。

今年高校生3年なので後1年の我慢、大学生になれば解放です。

 

 

HSCさんについては数回書かせていただいていますが、とにかく無理強いではなく本人の納得が大切。

本人の中から出てきた“結論”を確認しながら進めましょう。

 

 


その他関連記事