· 

子どもをたたいてしまう その1

体罰を使わない子育て

子どもをたたいてしまうこと

 

令和になって、これは 法律で禁止されています。

 一昔前は 社会でも受け入れられていました。

 

 

身体で分からせないといけないときがある。

甘やかしていてはいけない。

 

時には厳しく

 

または

体罰を受けた側も

  • たたいてもらってよかった
  • たたかれたから目が覚めた

 

 

 

昭和世代の人と話をすると

  • 親に殴られた
  • 先生にしばかれた
  • 木にくくりつけられた
  • 家から閉め出された
  • 竹刀を常に持っていた先生がいた
  • 廊下に立っとけ

などといった話が、ゴロゴロ出てきます。

 

 

平成になり、“学校での体罰の禁止”が広く社会に知れ渡りました

(もともと戦前から法律でも禁止されていましたが。)

 

 

令和になり、家庭での体罰が禁止になりました。

(令和元年6月に児童福祉法等改正法)

 

 

 

日本は これにより世界で59番目の体罰全面禁止国になりました。

(国際NGO「子どもに対するあらゆる体罰を終わらせるグローバル・イニシアチブ」)

 

 

 

地球全体で見れば、まだほとんどの国が体罰を容認しています。

日本でも体罰を容認している人は多くいます。

 

  • 言ってわからないからたたくしかない
  • あの時たたかれたから目が覚めた。

 

それは動物の論理です。

 

 

 

ヒト以外の動物であれば、たたいたり罰を与える必要があるのかもしれない。

でもヒトは体罰に頼らなくても、子どもを育てていけます。

 

 

 

 体罰全面禁止

 

ヒトが

ヒトとして

子育てをする

 

 

 

さて、きれいごとを書きました。

理想像なのかもしれません。

 

こういうことが、子育てで苦しんでいる方を追い詰めること。

になるのかもしれません。

 

それでも私は、ヒトはそちらに向かうべきだと思います。

 

ただ、おひとりでさせるわけではありません。

一緒にしましょう!

 

お手伝いできることがありましたら教えてください。

お困りのことを 教えてください。

 

どうか苦しいことがありましたら、

周りにいる、心あるどなたかにお声掛けください。

 

どうか一人で苦しまないでください。

 


こちらの記事も併せてご覧ください