不登校と新しい環境に弱いお子さん

新奇性追求 新しい環境を求める性質

 

桜が満開ですね。

そろそろ新学期でしょうか。

 

さてこの新学期ですが、大人としては

4月は色々な決め事や友だち関係など

色々考えると欠席せずに行っておいた方が。

後々のことを考えると、行っておいた方がいいと考えます。

 

だから、お子さんの状況によりますが

多少無理してでも!

と思うのです。

 

 

でもそもそも、新しい環境が苦手なお子さんがいます。

それは遺伝子が関係しているそうです。

 

 

 

新しい環境を求める性質のことを『新奇性追求』と言います。

 

これは、ある遺伝子の組み合わせをたくさん持っているほど(7回以上)新奇性追求が高いとなる。

  • 新しいものが好き!
  • 冒険好き!
  • 時には危険なものにも惹かれる。
  • 新しい集団こそテンションが上がる!
  • 知らないことにワクワクする。

新しい環境を楽しむことができるお子さんです。

 

 

反対にこの遺伝子の組み合わせが少ないお子さんは、新しい環境が苦手というわけです。

 

 

 

そもそも日本人は圧倒的にこちらが多いようですが、不登校や学校がしんどいお子さんにも多いようです。

  • 新学期の何日も前から憂鬱。
  • 不安だなあ。
  • どんなクラスかなあ
  • どんな先生かなあ
  • 友だち出来るかな
  • トイレは近くにあるかなあ

こちらの新しい環境に弱いお子さんは、無理強いせず一つずつ確認しながら丁寧に進める必要があります。

 

不安については、聞いてあげるしかないと思います。

  • 「そんなこと考えても仕方ないよ」
  • 「なるようになるから」

何て言わないで

 

  • 「そうだね~。誰と一緒ならいいの?」
  • 「ドキドキするネ。優しい先生ならいいね。」

受け止めてあげてください。

 

「トイレは、各階にあるから、それは心配しないで大丈夫だよ」

常識の範囲などで簡単に解決できる内容については、解決してあげてください。

 

 

 

そして、新学期が始まってしばらくは休息を大切に。

休みの日は、気晴らしにどこかへ出かけるというより、“近場でまったり”というほうが良さそうです。

 

慣れれば普通に過ごせますので、無理せずにゆっくり環境に慣れればいいのです。

5月のゴールデンウィークを超えると一安心という感じです。

 

 

お子さん自身でも

  • 自分は新しい環境に弱いけど、1か月ぐらいでなれるから大丈夫。
  • 無理せずゆっくりやろう
  • 早めに寝よう
  • 日曜はゆっくりしよう

って感じで今までに経験をめどにしながら、コントロールできるようになるといいと思います。

 

 

なんと言っても遺伝子が原因ですから、根本的には変えられません。

それから、新奇性追求が高くても低くても、どちらのタイプが優れているということではないのです。

 

新規性追求の高いお子さんは

  • 新しい場で落ち着きなく動いて
  • トラブルになったり
  • 好奇心が旺盛すぎて迷子になったり
  • 大きなケガをしたり・・・。

そちらはそちらで困ったことがあります。

 

タイプにより新しい環境は、いろいろ事件がありますね。

 

大人も子どもも、休息しながらいきましょうー

 

 


その他関連記事