学校に行かないという選択

“オプトアウトという考え方”

 

ホームスクールジャパンという

家を中心に子どもを育てるための情報サイトに

“オプトアウト”

という概念がありました。

 

 

「学校から意思を持って離脱する」

という意味だそうです。

 

 

現状不登校というと

  • 学校に行けない
  • 学校から脱落した

というニュアンスになることが多いのですが

 

この概念で行けば

“学校には、行けないのではなく、行かない。”

という形になります。

 

 

この考え方が

全ての子どもに

合うというわけではありません。

 

学校から

離脱するかどうかは

 

そのお子さんの

  • 性質
  • 望み
  • 学校の環境

などから総合的に判断することです。

 

 

 

 

うちの長男、次男の例でいいますと

二人とも学校にいけなくなり

戻るために休息をとり

その後

  • カウンセリング
  • セラピー

など、さまざまな調整をした

という時期もありますし

 

学校に行かないと決めて

  • 家で通信教育をしたり
  • インターナショナルスクールに行っていた時期

もあります。

 

 

 

ただ今まで

不登校というと

  • かわいそう
  • 大変

という評価しかなかったのですが

“オプトアウト”という考え方での

「学校に行っていない」ということは

かわいそうでも、大変でもない。

ということになります。

 

 

 

さて海外では

オプトアウトを宣言すると

学校から

ホームスクールやフリースクールなどに

籍を移すなどの手続きをとることで

さまざまな支援や助成金などの

制度をうけられます。

 

日本では、このようなことはありません。

 

日本も早く、法整備を進めてほしいところですが

逆に考えると

支援もない代わりに、ややこしい手続きなど

何もないということ。

 

 

 

気軽に始めることができるし

いつでも

「やっぱりオプトアウトやめます!」

といって、学校に戻ってもいい。

 

工夫次第で、美味しいとこ取りにもなります。

 

もし、この考え方が

ピッタリくるお子さんが

いらっしゃったら

“オプトアウト”

を宣言して、新しい道を

模索してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

私も15年前ぐらいから

この道を息子たちと模索してきました。

 

前が見えず厳しい時もありましたが

得たものも大きかった。

 

お子さんの状況次第ではありますが

もし望まれるなら

歩く価値は十分ある道です。

 

 


その他関連記事