不登校と禁句「育て方を間違った」

「育て方を間違えた」

これは、私が長男に言った言葉。

 

当時、不登校だった時に、そのイライラを弟にぶつけている長男に言った言葉でした。

次男へ八つ当たりする長男に腹が立って、言ってしまった。

 

今でもこれは“あかん言葉”だと、時々思い返します。

 

 

八つ当たりを止めるのは当然のことですが、このように人格を否定するのはNGですね。

“育て方を間違えた=失敗作”

と言っているんです。

 

 

 

今では、この長男も大学生で、私からみて

“自分の頭でしっかり考え行動できる笑顔が眩しい若者”

になりました。

 

時々買い物に行くと、荷物を持ってくれて

「どう?育て方あってたやろ。」

と言います。

「本当にごめんなさい」

と、謝るしかない私です。

 

 

 

禁句は決していうべきではないです。

でも親子関係は、取り返すことはできます。

というか子どもは、きっと許してくれます。

 

もし禁句を言ってしまったら、しっかり反省しましょう。

そして今から、ここから取り返しましょう。

 

 


その他関連記事