舌打ち・ため息・眉間にシワ

子どもは見ています!親のしぐさ

子どもにとって親御さんとの日々のコミュニケーションは、命をはぐくむうえでとても大切なものです。

心の栄養とも言えます。

お子さんは、日々の暮らしの中のなんていうことのない親子のかかわりの中で

  • 親御さんの自分への愛情を知り
  • 親御さんへの信頼を高め
  • 家庭での安心感を得ます。

そして

  • 自己肯定感を積み上げていくのです。

 

といっても親御さんは特に難しいことをする必要はなく、日々のお子さんの世話をこなすだけで大丈夫です。

その時、できる範囲で、良いと思われるコミュニケーションをお子さんとなされればいいのです。

 

 

ただお子さんとのコミュニケーションでどんなときも絶対にしない方がいいことはあります。

 

それは

  • 舌打ち
  • ため息
  • 眉間にシワ

 

です。

 

これはコミュニケーションではありません。

ただの拒否であり、このままではあなたを受け入れないという脅迫です。

 

 

子どもさんは、親御さんの“舌打ち””ため息””眉間にシワ”に出会うと自分の意見や気持ちを引っ込めるしかありません。

話し合いのテーブルにつくことさえしません。

 

 

 

 

子どもが間違ったことを言ったときは、舌打ちをしたり、聞こえるようにため息をついたり、眉間にしわを寄せたりしないでシンプルに

 

 

 

「ママはそれは違うと思う。」

「こう考えた方がいいよ。」

「それはこういう理由できない。」

ときちんと説明してあげてください。

 

 

 

“舌打ち”

”ため息”

”眉間にシワ”

これらは、話し合う前から拒否を示している。

お子さんは、理由も分からず、黙るしかない。

 

 

 

そしてお子さんは、

  • 安心して親御さんに何も言えなくなる
  • 本音を隠すようになる

さらに『家が安心できる場所ではなくなる』のです。

 

“舌打ち”

”ため息”

”眉間にシワ”

些細な親のしぐさですが子どもさんへの影響は大きいのです。


よろしければ合わせてお読みください