不登校のお子さんの給食費について(その1)

給食は止められるのか

食べていないお子さんの給食費を払い続けている。

とのことを時々お聞きします。

 

結論から申しますと、

止めることはできると思います。

 

止めたいと思われるなら

親御さんの方からはっきりと、学校に意思を伝えてください。

 

 

 

担任に話をしても

「(給食は)止められない」

といわれる人もいますが、担任がダメなら、栄養職員や管理職に相談なさってみて。

それでも難しければ、教育委員会、文部科学省などご相談なさってください。

(直接、まず文部科学省に相談してその話を元に、文部科学省は電話したらこう言ってるよ、なんてのもいいかもしれません。)

 

 

 

なぜ親御さんの方から伝えるかと言うと、学校からは、

「給食を止める」

と言うことは、大変言いにくいことなのです。

 

 

理由は、2つあります。

 

1つ目は、

担任は、

「子どもを切り捨てる」

と親や子どもさんに思われるのではないかと思い、伝えることに二の足を踏んでいるケース。

(実際、それで親御さんが傷つかれてトラブルになるケースがあります。多分、担任の説明不足だと思う。)

 

2つ目の理由は、

担任自身の罪悪感。

担任は、

「お子さんの不登校について自分の何が悪いのか」

と罪悪感を抱えている人は多いです。

ですので、自分から不登校を確定してしまうようなことを言えないのです。

 

 

表面上は、何も感じてないように見える担任も、実は、心の深くでは、自分の力が不足していることは感じています。

(無意識下で葛藤していて、現実を認めたくないみたいな低い考え方の方もいますが!)

 

 

止めようと思われるなら何にも気兼ねせず、親御さんからはっきりとおっしゃればいいのです。

食べていない給食費を払うより、そのお金でお子さんと一緒にランチに行って楽しい時間を過ごす。

その方が絶対いいです。

 

 

次は

「急に学校に行くなど給食が必要になったらどうなるか」

などについて書きますね。

 

 



その他関連記事